• ホーム
  • オリジナル画像は競合コンテンツとの差別化に有効かも!?

オリジナル画像は競合コンテンツとの差別化に有効かも!?

パソコンの画面

質の高いコンテンツを作るための最大の条件として、ターゲットとなるユーザビリティが必要としている情報を、わかりやすさを中心にして発信していくことです。ユーザビリティとして読者が抱えている疑問や興味・関心を理解することが最大の条件ということです。
ユーザビリティも特に意識していないことがありますが、ターゲットを知るために直接会話したり情報交換することで、関連性を見出すことも可能となります。質の高いコンテンツはわかりやすさを重要視しており、知りたいことに対して的確に応えてくれるものです。オリジナリティは最も重要で、ウェブコンテンツの中では他の記事を寄せ集めているものも存在しています。
テレビで発信されている情報を紹介したり、オリジナル性が薄いものもあるので注意が必要です。オリジナリティがないとされるコンテンツは、このコンテンツでないと手に入らない情報だという価値観を見出すことができません。

オリジナルで制作されている専門性の高い、経験や思考などを踏まえたわかりやすさを重視しているものが質の高いコンテンツとなります。反対にいえば伝えるだけの価値や関連性や、経験・主張できるだけの考えがない場合は、コンテンツマーケティング自体に向いていないといえます。ファイル名をわかりやすいものにし見る人の滞在時間を長いものにすることが大切です。
オリジナルの画像を使用することが基本となり、altなどの関連性も見極めます。
オリジナリティを出すと言っても、自己主張が単に強いだけでは、読者にとってもなんの価値もなくなりますし滞在時間も短くなります。独自性を出すばかりに集中し独りよがりになることはタブーで、根拠となっている数値やaltなどもしっかりと見極めます。

関連性のあるデータや統計などの数値や、自分の経験などを踏まえて補強することが最も大切です。関連するデータやファイル名・画像などは、読者をひきつける得策になりますし差別化への有効性も見られます。専門性の高いコンテンツは質の高いコンテンツになりやすいですが、専門用語をちりばめるだけのものも存在しています。
ターゲットとなっている読者が専門用語をすでに知っていることを前提としているので、わからない初級の人にはとても読みにくいものになります。その分野を学ぼうとしている可能性もあるので、専門用語を多用すれば内容についていくことができず読者が増えないという可能性もあります。文章の表現は媒体によって違いますが、できる限り簡潔でわかりやすさを基本とします。

サイト内検索
人気記事一覧