• ホーム
  • キーワード選定のポイントを押さえておこう

キーワード選定のポイントを押さえておこう

パソコンを使う男性

キーワード選定は検索ボリュームを獲得するに当たって大切なポイントで、1記事で上位表示を狙うときには検索ボリュームが100以上になることが必要です。1,000未満にすることで検索上位と獲得することができ、関連キーワードにもよるのですが、感覚としてはこのくらいの値となります。
難易度はそこまで高くないのですが、キーワード選定には力を入れないといけません。確実に上がることや売り上げにつながることを意識し、全ての関連キーワードで上位表示が約束されることはないので競合が多いものを選定します。複合ワードで上位表示を狙うにはコンテンツの要素も大きく、サイト全体の要素も含まれてきます。複合ワードは競合が少ないものからはじめ、徐々に潜在ニーズにあったものを組み込んでいきます。

SEOキーワード選定では、検索数で決めることもできますが知恵袋などのサイトで検索するとわかりやすいです。
検索する人がいなければ知恵袋でも上位表示することに意味がありませんが、実際のサイトでも商品を購入する人・会員登録する人がキーワードを検索する可能性があります。検索数が多いものは競合もその分多いとされるので、必然的に難易度が上がります。

絞られた中からアクションを起こし顕在ニーズに合わせていくことも大切で、サイト全体のアクセス数や売り上げを上げていくことが近道です。潜在ニーズはコンテンツのページを開いたときに、一番に視界に入るもので書かれている内容の重要性が高くなります。ページ内でのキーワード出現率は、絶妙な割合で出現するべく文章を最適化していきます。
してはいけないこととして、すでに存在しているキーワードを入れたり、抜いたりすることでキーワードを調節していく方法です。

文章の内容や充実度・専門性やオリジナリティの溢れるコンテンツを評価することができる、高度な分析能力を持っているので小手先の文章では通用しません。キーワードを単に追加したり抜き取る最適化は、文章の評価やアクションに対してあまり結果が違わないとされます。
顕在ニーズはキーワードが含まれている率を調整することになりますが、文章全体を最適に構成するように心がけることが収益の拡大につながります。文章を構成していく中で、その中に関連キーを含んでいるテキストを設置することも大切です。コンテンツ本来の強化にもつながりますし、内部リンクに対しての構造の最適化も充実し検索ボリュームに貢献します。