• ホーム
  • サーチコンソールでお宝キーワードを発掘しよう

サーチコンソールでお宝キーワードを発掘しよう

サーチコンソールはSEO対策でとても役に立ち、コンテンツを最適化します。検索ニーズやコンテンツ内容が合わさって、サーチコンソールでわかる検索流入キーワードなどを見ながら記事タイトルを考えていきます。使いたいキーワードを流入させることや不要なものを除外することや、掲載順位の上位に当たる傾向を取り入れることが大切です。
サーチコンソールを活かしていくには、対象のページとなるコンテンツのキーワードを最適化することが大切になります。キーワードや掲載順位でクリック数・表示回数を見ていきます。CTRはキーワードで対策をすることで、そこから流入するのではなく複数のものでされます。

記事タイトルやコンテンツのテーマとはかけ離れたキーワードが流入していることもあり、これはページの質を下げるということになります。不要なコンテンツを削除することで、検索ニーズを引き立たせることもでき、ページの質も上がっていきます。必然的にクリック数も上がりますし、何度も読みたいという人が増えると表示回数も上がります。記事タイトルがコンテンツのテーマと明らかに関連性が低い場合、サーチコンソールの検索クエリを確認しながら、不要なものを削除していきます。

競合順位が高いものを取り入れることで、コンテンツ作成に役立ちますし関連性の高いキーワードや狙っているもの以外での流入も増えます。検索クエリやCTRはページの評価を上げる要因ともなりますし、傾向が採用されるほどの影響も出てきます。明らかに関連性の低いものが含まれる場合、むやみに削除はしない方が良いです。サーチコンソールを活用することで、コンテンツを最適化することも可能ですが順位に全く影響しないケースもあります。この時は改めて重要視するポイントを最適化していく必要があるかもしれません。

サーチコンソールによってお宝キーワードを発掘できる可能性も上がりますし、主な原因としてはサイト価値が低下していることにもあります。ユーザーから見た利便性の低さも低下を招いていますが、根本的な原因は検索順位の下落なので、それを回復させることが重要です。原因に沿った対処法が必要なのでガイドラインに違反していないかを確認します。サーチコンソールに通知されるような自動的なものは、ガイドラインの見直しを徹底していきます。違反内容を突き止めることで改善できることも広がりますし、サイトの価値を取り戻すことが容易になります。