• ホーム
  • リライトなど記事のメンテナンスの必要性について解説

リライトなど記事のメンテナンスの必要性について解説

世界マップ

情報は生ものと呼ばれるくらい、情報の鮮度は大切で価値があるものです。何か出来事が起こってしまってから、時間が経ったものは鮮度が落ちると言われます。
鮮度が落ちている情報は、新しいものと比べると価値がかなり下がってしまい利便性も悪くなります。コンテンツで記事を書いていくにあたって、書いた時は情報の鮮度がよかったとしても、時間が経つにつれて古くなっていきます。

リライトをしていない文章であれば、読者が期待している最新の情報ではないため低品質の部類に入ってしまいます。コンテンツの情報が新鮮でない場合は、リライトするか削除してしまった方が効率が良いです。ここで低品質な部類のコンテンツと判断されてしまうことによって、検索順位にも影響してくるので大変重要なポイントとなります。

検索順位の上位表示をさせることは、検索からコンテンツの内容次第で利便性を期待することができます。上位をキープすることにより、長い目で見ると費用対効果が高い方法の1つといえます。新規コンテンツを作成するときに、キーワードの幅を広げることや記事のリライトをしパフォーマンスを大きくします。検索順位で上位に表示されるキーワードをたくさん使用しているほど、多くのユーザーとの接点が多くなり結果としてトラフィック獲得・コンバージョンを拡大することにつながります。新規で作成する記事で獲得したいキーワードの層を広げることになるので、重要なアクションとなっています。

キーワードや記事の数を追加すれば良いというわけでもなく、成功に向けてはリライトやタイトルの調整・削除や追加などというメンテナンスが必要といえます。メンテナンスを行うことは、コンテンツに取り組む上で押さえるべきポイントです。検索順位などの数字で伸び悩んでいる場合は、どう取り組んで良いのかわからなくなります。
新しい記事追加で読者に読みたいと思わせる仕掛け作りを行います。コンテンツSEOにおいて、どれだけ書き手が良いと思える記事でも読者にとっては違うかもしれません。目的はユーザーが読んで満足する記事かどうかで、書き手が自己満足で終わるというのが目的になっているケースもあります。
ユーザーの評価が数字ではっきりとあらわれ、それを何度も繰り返すのでリライトの効果が高くなります。コンテンツは好きな記事を書いて公開して終了ではなく、読者の様子をうかがいながら修正していくことが効率的です。

サイト内検索
人気記事一覧