• ホーム
  • リンク切れのチェックをしないとSEOに悪影響の恐れがある

リンク切れのチェックをしないとSEOに悪影響の恐れがある

クローラビリティはクローラーが巡回しやすいことを指しており、ユーザーの利便性も必然的にはかれます。検索エンジンはクローラーと呼ばれるプログラムによって、削除・外部リンクや内部リンク・リンク切れなどの情報を周期的に集めています。自動的に収集するデータベース化として、クローラビリティを最適化することもできます。
検索エンジンにサイトが早く認識されることもメリットですが、新規で投稿しているコンテンツは検索エンジンに認識されやすいです。ツールを使用してインデックス化されない時は、検索結果に表示されることがないので、検索エンジンに早く認識されるようなURLで対応していきます。

巡回しにくいサイトではクローラビリティを改善する必要があるので、デッドリンクやプラグインなどの対策をとっていきます。最適化されるようになるとクローラーの回遊率も向上してきますし、適切に情報が伝達されるようになるのもメリットです。

SEOにおいても相乗効果になるので大きな期待ができるとともに、サーチコンソールを使用することでサイト内のクロール統計情報を調べることが可能になります。コンテンツの量がもともと多いのに対して、クロール数が少ないとなればクローラビリティを改善していく必要があります。
正規化が行われないとURLを正しく読み込むことができませんし、たどり着けないページが評価対象から外れやすくなります。デッドリンクや外部リンクの階層が深すぎる時や、クリックをしても全てのページに行けない構成はクローリングが漏れやすくなっていきます。内部リンクを増やすことでサイトの構成が伝わりやすくなるので、設定が推奨されています。
ユーザーの利便性を優先させてクローラーを促進することが大切で、ほとんど露出していないサイトは頻度が変わってきます。プラグインを送信することにより適切とされるサイト構造をツールを使用して伝えることができるので404にも対応できます。

もしリンク切れのページがあればクローリングが離脱してしまう可能性があり、404に対しても新たなページをアップした時は必要です。検索エンジンに早く認識してもらえるようなクローラビリティを立ち上げてSEO対策の効果を高めていきます。リンクのないページは積極的に削除していき、サイト内を巡回させやすくすることもポイントの一つです。この2つの関連性は強いので、どちらもリスペクトしながら運営していきます。