• ホーム
  • 最近聞くようになったGoogle砲とは?

最近聞くようになったGoogle砲とは?

Google砲とは、GooglechromeやGoogleアプリで、おすすめ記事と掲載されアクセスが増えることを言います。トレンド性のある記事や、画像や文章が多いものがピックアップされやすいと考えられています。また、ファビコンや専門性を高くしていることが重要視され、コンテンツの充実も見られています。

被リンクが多いことでGoogleアプリやchromeに掲載される率が高くなります。ディスカバーの最適化で有効な対策は、アイキャッチのある画像を掲載することです。大きな画像を使用することによりディスカバーに掲載される確率が上がり、ユーザーエンゲージメントも向上していくというメリットがあります。

コンテンツの充実やパフォーマンスを向上させるには、ユーザーの関心を引くこと・コンテンツに高画質の画像を掲載することが重要でしょう。アイキャッチで気をひくことができますし、おすすめ記事として表示させるにはサムネイル画像では役に立たない可能性も出てきます。大きな画像が表示されると、サイトのクリック率が上昇し、ページ内のトラフィック・ユーザー満足度も確かなものになります。そのため、高画質でトレンド感があり大きめの画像を使用します。これをユーザーが表示する権利をGoogleにあると保証させる条件で、トラフィックなどの目安にしていきます。

Google砲で検索結果に出てきたページの先頭にファビコンが表示されることがあります。これは表示されるとモバイル検索結果として有利になり、ファビコンを設定していない場合は地球儀のマークが表示されています。実際の条件でクリックへの影響が大きければ大きいほど、視線を引くほどの点で目立つように感じられます。特に色合いがポイントとなり検索結果で使われていない色は、赤や黄色などの方が目立ちやすく他の人からも際立って見えます。
キャプチャでも中心部のGoogleアプリのファビコンがグレーで、地球儀のマークや下の水色が地球儀になっているものよりも目立っています。これらがさらに導入されるかは決まっていませんが、アイキャッチがありますし準備をしておくことは決して損にはなりません。

ファビコンはウェブサイトのシンボルマークとしてページに配置しているアイコンですが、モバイル検索結果にも実施しています。これを表示するテストをGoogleも実施しており、設定していないサイトに関しては地球儀マークになります。