• ホーム
  • 複数のサイトを持つなら中古ドメインも使ってみよう

複数のサイトを持つなら中古ドメインも使ってみよう

パソコンを使用する男性

一般的に複数のサイトやブログを運営することは、副業の位置よりも本業としての位置付けの方が強いです。
メリットデメリットを理解して、企業としてマルチサイトを運営しているときに、個人でもいくつもサイト・ブログを運営しているケースがあります。

初心者ではない場合、複数のサイトやブログを運営することや、法人が人を雇って運営する際にもデメリットがないことも有利です。
複数のサイト運営で始めるのか、ドメインパワーは一つのサイトでじっくりと運営していくのかということは、サイトを始める中で大きな問題になります。
その答えとしては特にアフィリエイトで収益を上げたい場合に取るべき対策で、初心者の段階ではサイトの運営方向性を考えることが大切です。
これにより収益の幅が大きく変わっていきますので、本当に重要な部分といえます。
アフィリエイトに関わらず、サイト運営は副業であろうがなかろうが集客をするときに重要なので、初心者が初期段階で方向性を決めていくことは、収益を決めているのと同じくらい大切です。

複数サイトのうちの一つでも当たれば、成功する確率を上げることができますし、成功すると収益が安定することは誰でもわかります。
複数サイトがうまくいくことで、収益が倍になることもあり得ますし収益の柱をいくつも構築することができます。
中古ドメインはドメインパワーとして運用歴などによってリスクがありますが、被リンクや検索結果を有利に動かすことができます。
新しいドメインでサイトを作ることは、初めにインデックスでは、Googleハネムーンと言われるものに影響を受けることとなります。

新規ドメインはほとんどの場合、どれだけ良いコンテンツを更新していても上位表示されることがありません。
逆に中古ドメインは過去の運用歴が反映されるので、良い運用歴があればサイトを作ったばかりでも検索結果の上位表示にランクインできます。
SEO効果ではこれらのリスクを踏まえた上で、たくさんのインデックスを作っても同様の傾向が出ています。
新規ドメインでのサイトリリースは難しいとされていますが、数か月では効果が出ないのでSEO対策を諦めるということは端的な判断であるといえます。
SEO効果を期待するのであれば、被リンクを重要視しクローラーを意識します。
中古ドメインを使用することで徐々に評価されていくドメインパワーは、しっかりと運営して長く運用されることがクローラーの評価となります。